BRIONVEGAは、長年にわたり、その斬新なデザインと素晴らしい性能で私を魅了してきました。

Francis Ford Coppola Francis Ford Coppolaのサイン

Marco Zanuso / マルコ・ザヌーソ

デザイナー、都市計画家、建築家であるマルコ・ザヌーソは、第二次世界大戦以来、モダン・ムーブメントの文化的議論の中心的存在として活躍してきた。1956年に「ゴールデンコンパス」の創設に貢献し、金賞とトリエンナーレ大賞を5度受賞。ブリオンベガのほか、アルフレックス、ボレッティ、ガヴィナ、ボナチーナ、カルテル、シーメンスに専門技術を提供し、彼の作品の多くはニューヨーク近代美術館デザインコレクションに収蔵されている。リヴィオ、ピエル・ジャコモ、アキッレ・カスティリオーニ兄弟、リチャード・サッパーとのコラボレーションは、彼のキャリアの中で最も重要なものであった。また、1962年には、ブリオンベガのテレビ番組「 Doney/ドニー」を制作しました。この挑戦はイタリアンブランドにとって成功を収め、翌年にはテレビ「Sirius /シリウス」(1964年)、「Black /ブラック」(1969年)、radio.cuboをデザインし、繰り返されました。また、ミラノ工科大学で30年にわたり教鞭をとるなど、長年にわたり学術分野でもその専門知識を発揮してきた。

Richard Sapper / リチャード・ザッパー

1984年のアレッシィのケトル、アルテミデのティツィオランプ、シーメンスのグリッロ電話機など、時を経てカルト的な人気を博す製品をデザインし、またブリオンベガのラジオやテレビも手がけている。11回のゴールデンコンパス、フィアット、ピレリ、IBM、ベンツと彼のキャリアを通して働いていた。彼は建築家ジオ ・ ポンティの前に、Rinascente のデザイン部門と働いたミラノに移動する前に、スタイリング部門のデザイナーとしての彼のキャリアを始めたドイツの自動車メーカーと自分自身します。E '1959年に、一緒にデザイナーマルコZanusoと、ブリオンベガのスタイルコンサルタントになるとき。このクリエイティブなカップルは、数年後にテレビ「ドニー」、「シリウス・ブラック」、「ラジオ・クボ」など、当時のデザインの代表作のいくつかを実現することになります。エール大学、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(ロンドン)、ブエノスアイレス大学で長年にわたって教鞭をとってきたことからもわかるように、創造性のための素晴らしいキャリアを積んできたのです。

真のモダンデザインの傑作を生み出す、オーストリアのリチャード・サッパー は、アレッシィのケトル(1984年)、アルテミデのランプ「ティツィオ」、シーメンスの電話機「グリッロ」など、これまでカルト的な人気を誇るオブジェをデザインしています。もちろん、ブリオンベガのラジオやテレビもそのひとつです。 フィアット、ピレリ、IBM、メルセデス・ベンツでキャリアを積み、ゴールデン・コンパスに11回選出されました。 ドイツの自動車メーカーのスタイリング部門でkyタリアをスタートさせた後、ミラノに移り建築家のジオ・ポンティの元で働き、リナシェン手のデザイン部門にも所属していました。 そして1959年、デザイナーのマルコ・ザヌーソと共に、ブリオンベガのスタイルコンサルタントとなりました。 このクリエイターコンビは、数年後にテレビ「Doney/ドニー」、「Sirius Black /シリウス・ブラック」、「radio.cubo / ラジオキューボ」など、当時のデザインの代表作を実現することになるのです。 エール大学、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート、ブエノスアイレス大学などで長年にわたって教鞭を執り、クリエイティビティに貢献した素晴らしいキャリアが証明されています。

1960年代を代表するデザインアイコン

信頼性と使いやすさ、耐久性と美しさ、テクノロジーとデザイン、人間工学と色彩の鮮やかさ。 これらは、BRIONVEGA・cubo “TS 502”トランジスタラジオの特徴のほんの一部に過ぎません。

1964年、マルコ・ザヌーソとリチャード・サッパーは、家具やアクセサリーのデザインについて 長い間研究し、時代に合わせて、新しい家具スタイルだけでなく、新しいニーズにも対応できるような製品を創りました。

1960年代を代表するデザインアイコン

Doney, Algol & Black TV

1962年、コンパッソ・ドーロ賞を受賞したマルコ・ザヌーソとリチャード・サッパーの手によってドーニーテレビが誕生しました。これはヨーロッパで最初の完全トランジスタ化されたテレビです。

1964年、彼らはAlgol TVプロジェクトをスタートしました。このテレビは、スクリーン一体型の有機的なデザインが特徴で、低い位置でも映像を見やすいように、本体前部を傾斜させたポータブルテレビです。

そして1969年、60年代のイタリアンスタイルを代表するテレビ「Tv Black」が誕生しました。

Doney, Algol & Black TV

発想の転換

マルコ・ザヌーソとリチャード・サッパーが考えたのは、オブジェを家庭環境に溶け込ませ、環境の主役にするために隠さず見せることでした。 色付きのオブジェはもはやグレーではなく、これまでにない形状で、二つの殻の中にテクノロジーが凝縮されています。

radio.cuboは、それまでのエレクトロニクス製品のように、機能を示すために作られた静的で自己言及的な物体ではなく、軽くて持ち運びやすく、 素材さえも遊び心と革新性のあるプロダクトです。

radio.cubo

カルト的オブジェ

TS 502は、1960年代以降、国際的なシーンの主役となり、主要な現代美術館(ニューヨーク近代美術館、ラホヤ現代美術館、サンパウロ美術館)で展示されているデザインエッセンスが最もふさわしいモデルです。不滅のアイコンであり、インダストリアル デザインの分野における重要かつ前衛的な基準であり、今日でもその価値を測ることは困難です。

radio.cubo

Radio.cuboはプラスチックとザマック(ダイカスト用の亜鉛合金)の2つの素材で構成されています。その特殊な形状は、開いているときはラジオとスピーカー機能として、閉じるとコンパクトになり、簡単かつ安全に持ち運ぶことができるという、非常に特殊な機能を備えています。すべてのザマック製品とアクセサリーは、優れた耐腐食性、耐摩耗性、耐衝撃性を備えています。

Radio.cubo

readio.cuboの始まり

単なるラジオではなく、すべてのデザイン愛好家にとって、まさにカルト的なオブジェといえるでしょう。
鮮やかな色彩、厳選された素材、使い勝手の良さが特徴です。

デビッド・ボウイの愛したラジオ

BRIONVEGAのradio.cuboとradiofonografoに対する最大の賛辞は、ポップアイコンでもあり優れたミュージシャンであるだけでなく、様々な芸術作品やユニークなオブジェの無類の収集家でもあったデヴィッド・ボウイからのものである。

2016年、デヴィッド・ボウイが所有するこのradio.cuboが、サザビーズオークションに出品され、3万ポンドで落札された。

1964 / TS502

デザイナー マルコ・ザヌーソとリチャード・ザッパーによるradio.cubo TS502の最初のバージョンが市場にリリースされる。radio.cuboは、電源ソケットもヘッドホン出力もない、ポータブルラジオでした。

1976 / TS505

1976年に再びデザイナー マルコ・ザヌーソ/リチャード・サッパーの手によって誕生し、美観と構造の両面からデザインに革命をもたらした。

2007 / TS522

TS522は、TS502のデザインをベースに、フェイスプレートのグラフィックを一部変更し、新しいカラーと最新のテクノロジーを搭載して誕生しました。

2010 / TS522 - Itama 45

アイコンである「Itama 45」に捧ぐ。

イタリアの歴史あるボートブランド、itama・ヨットのためだけに作られたスペシャルエディション。

2010 / TS525 radiocubo.it

radiocubo.it TS525は、初の拡張可能なシステムです。FM、DAB / DAB +、iPhoneとiPod接続用のドッキングステーション、リモコン、CDとMP3ドッキングステーションとプレーヤーを備えています。サブウーファーとセカンドスピーカーの入力。新しいLCDディスプレイとMP3やWI-FI接続用のUSB入力を備えています。

2013 / TS522 - mosaic 

モザイクアーティスト、ジュリオ・カンドゥシオとのコラボレーションで生まれた、アートとデザインが融合したスペシャルエディション。

2018 / TS522D+S - Emporio Armani

ファッションとインダストリアルデザインを融合させ、エンポリオ・アルマーニのショップのために特別に作られたradio.cubo。

2022 / radio.cubo 50°

radio.cuboはイタリアンデザインの真髄であり、その歴史がそれを証明しています。ボディはABS樹脂とザマック(亜鉛合金)で作られています。

内部は電子的、構造的な面でいくつかの革新が施され、radio.cuboは現代のニーズに蘇りました。

BRIONVEGA

ロンバルディア州、イタリア|デザイナー
1945年にGuiseppe BrionとLeon Pajettaによって設立されたBrionvegaは、その革新的なビジョン、独特のスタイル、一流の技術で知られる象徴的なイタリアのエレクトロニクス企業です。彼らのデザインはカルト的クラシカルさを持ち、多くのアートコレクターや有名人が賞賛しています。
イタリアの大手オーディオビジュアル企業であるSIM2のおかげで今日生まれ変わった時代を超越したBrionvegaの作品は、音楽、ラジオ、クリスタル クリアなエンターテイメントの楽しさを再びあなたにもたらします。

Support

ネイビーズサポートセンター

株式会社ネイビーズはBRIONVEGAの正規輸入総代理店です。
お問い合わせは下記までお願いいたします。

TEL
03-6631-7839
MAIL
support@navys.jp
受付時間
10:00〜19:00(平日)
(土・日・祝日・GW・夏季休暇・年末年始・弊社休業日を除く)