La Boite Conceptは、2008年の創業以来、カニャール家に世代から世代へと伝わるトラディショナルなHi-Fiサウンドへのノウハウと、モダンなデジタルテクノロジーを融合させた「オールインワン」のエルゴノミック(人間工学に基づいた)製品を生み出しています。

RECOMMENDED

音響の伝統と技術革新

La Boite concept | ラ・ボワットコンセプトは、伝統的なHi-Fi業界におけるカニャール家の歴史と、新しいテクノロジーに適合し人間工学に基づいた「オールインワンオーディオ」製品を設計するオーディオブランドです。

80年間にわたり、世代から世代へと受け継がれてきたピュアオーディオの製作の伝統と厳格な技術的遺産は、ティモシー・カニャールと彼のチームによって情熱を持って受け継がれています。

80年間のノウハウと音響への追求

1938年、自由でモダンで先見の明のある女性、マリー・カニャール・イェラミアンがスピーカーブランドSIARE®を設立しました。当時は、起業や電気音響業界が女性に対しオープンではなかった時代にも関わらず、ラジオ部品のオペレーターからクラフツマン、スピーカー製造、さらにオーディオ業界へと革新性を持って電気音響業界に進出したマリーは成功の象徴となりSIARE®ブランドの認知に貢献しました。

1970年代から1980年代にかけてSIARE®社は、フランス最大のスピーカーメーカーとなり、マリーや、息子のティエリー・カニャール、ミシェル・ビサン(デイビス・アコースティックス・ブランドの創設者)によって、現代的でと高品質な製品を世に送り出し、ブランドの成功をもたらすスピーカーの原点となりました。

CC LAB:インハウスの研究開発所

2008年の設立以来、La Boite concept |ラ・ボボワットコンセプトのR&Dラボ(CC LAB)は、国際的に特許を取得した複数のオーディオテクノロジーを開発してきました。

ギョームとティモシー・カニャールによって製造開発された「La Première」は、La Boite concept |ラ・ボボワットコンセプトのビジョンを具現化したアーケードゲームのシルエットを備えたオールインワンオーディオシステムです。

2010年、CC LABはWideSound®テクノロジーを組み込んだLD(コンピューター用の最初のHifiステーション)を開発しました。これにより、音の反射によるステレオフォニーが拡がり、完全な没入型のステレオサウンドがコンパクトなモノブロックボリュームによって拡散されます。

その後特許技術であるWideSound 2.0®へと進化し、「CUBE」と「Wide Sound W」モデルに搭載されました。

2017年、7年間の研究を経て、数値制御された2つのスピーカー(1つの内部ウーファーを含む)の密閉チャンバーの実装により、非常に広いスペクトルの再生を可能とするActive Pressure Reflex®(PR)テクノロジーを発表しました。この密閉チャンバーシステムは、複数のカスタムビルドされたデジタルアンプで構成され、非常に小さな音量でも力強い低音を再現し、並外れたパワーとモジュール性を備えています。

2019年、CCLABはWideSound 3.0®を装備したLXモデルを発売しました。LXモデルには2つの凸型デフレクターを装備され、リスナーの位置や部屋のサイズ・音量に関係なく、高音域の指向性を失わうことのない原音に忠実で最適なリスニングを実現しました。

CC LAB:ユニークなドライバーとラウドスピーカー

La Boite concept |ラ・ボワットコンセプトの伝統とノウハウは、バスク地方で3世代に渡って継承されています。それは各コンポーネントを隅から隅まで正確に設計および開発し、高品質の製品を妥協することなく製作することを意味しています。

その忠実さによって、La Boite concept |ラ・ボワットコンセプトブランドが常に新しい高性能製品を開発し続けることで、ナチュラルでピュアなサウンドを復活させるという目的に一歩ずつ近づくことに繋がります。