高級スピーカー通販 NAVYS STORE。スピーカーの構造・形状やサラウンドの違いで音質はどう変わる?

スピーカーの形状や構造が違えば、同じ音楽を流したとしても音質は大きく異なります。数あるオーディオの中から好みの音質を見つけるためにも、まずはスピーカーの形状や構造について熟知しておきましょう。

自宅のオーディオシステムを整えるときには、サラウンドシステムにも着目したいものです。スピーカーを5.1chや7.1chといった方法で設置すれば、音質や音の厚さ、臨場感は格段に変わります。ここでは、高級スピーカーの通販サイト・モノとオトが、スピーカーの構造やサラウンドシステムについて解説します。

スピーカーの形状・構造について

スピーカーとは、オーディオシステムにおける音の出口部分です。

プレーヤーで音楽を再生すると、音声のデジタルデータはオーディオケーブルやWi-Fi、Bluetoothなどの電波を介して、電気信号としてオーディオの中を伝わっていきます。そして、デジタルデータとして記録されている音の信号は、アンプを通してスピーカーに送られます。

スピーカーユニットの形状や構造によって音の伝わり方は異なりますが、一般的にはスピーカーユニットは、電気信号による音声情報を空気振動に変換して伝えます。この振動でスピーカーに直結する振動板が震え、さらに空気が振動することで音楽が空間内に発せられるのです。

人の耳は、空気の振動を音として認識しています。スピーカーが出す音波は空気中を伝播し、立体感のある音楽となって人の耳に届いています。

NAVYS STOREの通販サイトでは、音質の優れた高級スピーカーをご用意しています。スピーカーの形状や大きさ、構造によってオーディオの音質は大きく変わります。各社が自信を持って作り上げた高級スピーカーであれば、ハイクオリティな音質を堪能できます。

スピーカーのサラウンドの種類とその違い

スピーカーが1つだけという再生方法はモノラルと呼ばれます。スピーカーは単体なので、当然ながらスピーカーのある方向からしか音は聞こえません。

左右の2箇所にスピーカーがついている状態はステレオといい、LとRの2つのスピーカーからの音を楽しめます。ステレオになると音に奥行きや広がりが生まれ、臨場感が出やすくなります。

囲むという意味を持つサラウンドは、一般的には5つ以上のスピーカーを室内にぐるりと設置した状態をいいます。サラウンドにはいくつかの方式があり、音の響きや広がり方がそれぞれに違います。

 

2.1ch

左右1つずつのスピーカーに加えて、重低音専用のサブウーファーを設置したものを2.1chと呼びます。

  

5.1ch

ホームシアターに導入されることが多い5.1chは、前後左右とセンターにスピーカーをそれぞれ配置し、さらにサブウーファーを設置する方式です。

 

7.1ch

7.1chの場合は、スピーカーを前後左右とセンター、さらに後方に2つ、そしてサブウーファーをセットします。さらにスピーカーを加えた9.1chや11.1chといったスピーカーの構成方法もあります。ただし、一般的な音楽や映像を楽しむだけであれば、7.1chまでで十分に臨場感のある音質に仕上がります。

5.1chや7.1chのサラウンドシステムの高級スピーカーは、やはり格別な音質です。

高級スピーカーでハイクオリティなサラウンドシステムを整えたい方は、モノとオトの通販サイトでお探しください。

音質にこだわるなら高級スピーカーの導入やサラウンドシステムの構築を検討しよう!高級スピーカーは通販のNAVYS STORE

形状や大きさ、構造によって音質は変わりますが、スピーカーは音楽のデジタルデータを振動させて、空気中に発するという方法で音楽を再生しています。

単に音楽を再生するだけであれば、スピーカーは1つでも問題ありません。しかし、より重厚感のある高音質を楽しみたいなら、複数のスピーカーを設置してサラウンドシステムを構築してみるのもおすすめです。

NAVYS STOREの通販サイトでは、サラウンドシステムを構築できる高音質な高級スピーカーをご用意しています。高音や低音がよく響く高級スピーカーを複数設置し、ハイクオリティなサラウンドシステムを作り上げて、最高のオーディオライフをお楽しみください。