キューブ型スピーカーはどこに設置する?オーディオの正しい設置の仕方 インテリアにもなるおしゃれなスピーカーを取り扱うNAVYS STORE

せっかく部屋にキューブ型スピーカーを取り入れるなら、より音質がよくなるような設置方法を試したいものです。実はオーディオは、置き方や設置場所によって音質が大きく変わります。

特に高音域をカバーしてくれるツイーターは、低い位置に置くと性能を発揮してくれないことがあります。ある程度の高さを確保することが必要です。好きな音楽を心ゆくまで楽しむためにも、オーディオの適切な置き方をマスターしておきましょう。ここでは、キューブ型スピーカーを販売するNAVYS STOREが、より音質をアップさせるためのオーディオの置き方をご紹介します。

音の高さとツイーターの高さとの関係

スピーカーの表面にある音の出る部分をユニットと呼び、ユニットの中でも高音域を重点的に担当するものをツイーターといいます。

一般的にツイーターは、耳と同じ高さに合わせるのが最適といわれています。もちろん高さを測るなどして、厳密に合わせる必要はありません。ツイーターの高さがあまりにも低すぎたり高すぎたりすると、高音域の響きが弱くなってしまいます。

2WAYスピーカーの多くは、高音を担当するツイーターと、低音を響かせるウーファーというユニットで構成されています。ウーファーの低音は反響しやすいため、カーテンや家具などを工夫して室内の環境を整えるようにしましょう。ツイーターとは違い、ウーファー単体であれば低い位置に置いても特に問題はありません。

NAVYS STOREの通販サイトでは、ワイヤレスのBluetoothスピーカーや、高音域・低音域の魅力を堪能できる3WAYシステムを搭載したスピーカーなど、様々なキューブ型スピーカーを取り扱っています。インテリアとしても活用できるスタイリッシュなデザインのキューブ型スピーカーです。お気に入りのオーディオを見つけたい方は、ぜひNAVYS STORE通販サイトをご覧ください。

音質をアップ!キューブ型スピーカーの設置場所・設置方法

キューブ型スピーカーは、大きさや形状、性能などに応じて、設置場所を決めることが大切です。

ここからは、音質をよりアップさせるためのキューブ型スピーカーの設置方法をご紹介します。

 

スピーカーを壁から離して設置する

スピーカーから発せられた低音は、周囲に拡散されます。しかし、すぐ近くに壁がある場合、壁に反射して音が増幅されてしまいます。

スピーカーが壁にぴったりとくっついた状態では、低音が反響しすぎて音がこもり、バランスが悪くなってしまうのです。オーディオを置くときは、スピーカーの背面を壁から15~30cm程度離しましょう。

 

左右のスピーカーを的確に設置する

2つのスピーカーを左右に設置する場合、自分が普段よくいる定位置と左右のスピーカーで、正三角形ができるように設置するようにしましょう。

左右のスピーカーが自分の方を向いており、なおかつ自分とスピーカーの距離とスピーカー同士の距離がほぼ同じであれば、まとまりのある音質になりやすいでしょう。

 

インシュレーターを導入する

インシュレーターとは、オーディオ機器と設置する机などの間に挟んで振動を緩和するためのアクセサリーです。インシュレーターを設置すれば共振が起きにくくなるため、音質が劇的によくなります。

NAVYS STOREでは、ガラス製の透明スピーカーやシンプル&コンパクトサイズのオーディオなど、インテリアとしても最適なキューブ型スピーカーを豊富にご用意しています。おしゃれで高性能なキューブ型スピーカーをお探しの方は、ぜひNAVYS STOREの通販サイトをご利用ください。

おしゃれなキューブ型スピーカーはインテリアにも最適!オーディオのパフォーマンスを向上させるためには設置方法にも注目しよう

購入したオーディオをどこに設置すればよいか、迷う方も多いのではないでしょうか。なんとなく空いている場所に置いてしまう方も少なくありません。しかし、置き場所によっては、オーディオのパフォーマンスを発揮できないままになってしまいます。

スピーカーからの音を最高の音質で堪能するためにも、オーディオの位置や間隔、高さにとことんこだわってみましょう。

高品質なオーディオを販売するNAVYS STOREでは、おしゃれなキューブ型スピーカーを多数取り揃えています。おしゃれなキューブ型スピーカーは、本来のオーディオとしての機能はもちろん、インテリアとしても楽しめるアイテムです。高品質・高性能なキューブ型スピーカーをお求めなら、ぜひNAVYS STOREの通販サイトでお探しください。